ごちゃまぜカフェ物語 23

毎日、癌と向き合い
『今』を生きる友人が

朝いちばんに、カフェへ遊びに来てくれた。

『検査結果を聞きに病院へ行った帰りなんです。次の入院は来週。ごちゃまぜカフェにそのまま来ちゃいました!』

痛みのある足を引きずりながら
笑顔でカフェの扉を開けてくれた。

一年前、ふらりと彼に会いに行った日の事を今でも良く覚えている。

『体調が悪くて…明日、実は 検査なんです…』

その日からしばらくして、彼から癌の報告を受けた。

余命宣告から、1年3ケ月

彼と交わす笑顔や、彼と交わす命の言葉に、私はいつも力をもらってきた。

彼が昨日、ドクターから改めて手渡された命のタイムリミットと向き合う日々が、またスタートする。

『また、来ちゃいました!』

彼がそんな風に笑顔でずっと、カフェに足を運ぶことが出来る様に

私たちも全力で一緒に生きます。

芝田さん
いつも、応援ありがとう
一緒に生きよう

© ごちゃまぜカフェ