じゃあ、やり時だ!

『じゃあ、やり時だ!』

長年に渡り障がい福祉に、深く携わってこられた青木みどりさんが、フラリとごちゃまぜカフェへ遊びに来てくれた。

NPO法人 Happy Spot Clubは、民間のボランティア団体として過ごした時間も含めれば活動は、もう9年目となる。

「今日、よくわかった。ごちゃまぜカフェみたいな場所が、いま本当に必要なんだよ!」

青木さんの言葉を聞いていたら、

もう天国へ行ってしまった認知症のお年寄りが、私にくれた言葉を思い出した。

今から5年ほど前、

沢山の生きづらい人達が、怖がらず、怯えずに人と生きていける居場所を作ろう。新しい事を形にしていこうと考えながら、

自分に自信が持てず尻込みしていた時、

沢山の新しい事業にチャレンジを繰り返し生きてきた、認知症のお年寄りが私に言ってくれた言葉…

「それを、あなたの周りでやっている人はいるかい?」

その時私は答えた。

「たぶん…いないと思います。」

するとその方は、ニッコリと笑って言ってくれた。

「じゃあ、やり時だ!」

青木さんと話しながら、心から 
あの日の言葉が胸に蘇ってきた。

今日のこの日の、青木さんと交わした言葉も全て、「あの日があったから、今がある!」と、いつか語れるような気がした。

本物は、続く
続けると本物になる。

© ごちゃまぜカフェ