• ごちゃまぜカフェがなんだか気になる
  • ごちゃまぜカフェに行ってみたいけどなかなか行けない
  • ごちゃまぜカフェといつもつながっていたい
  • Happy Spot Clubを応援したい

ごちゃまぜクラブは、そんなみなさんのために作りました。

会員になるとできること

ごちゃまぜカフェを応援できる

ごちゃまぜカフェオーナーの高山さや佳が講演会などでごちゃまぜカフェやHappy Spot Clubの話をすると、よく言われることがあります。
「いい活動されていますね」
そう思ってくれるのは嬉しいのですが、なんだかちょっと他人事のように感じてしまいます。
「一緒に関わりませんか?」
そう言いたくて、遠く離れた方にも応援してもらえる仕組みを作りました。
それが、ごちゃまぜクラブです。

ごちゃまぜ通信と手紙が送られてくる

毎月、ごちゃまぜカフェから、ごちゃまぜ通信と手紙が送られてきます。
ごちゃまぜ通信では、毎月、カフェでどんなことがあったかお知らせします。居場所づくりやこれからの福祉を考えるためのヒントがあるかもしれません。
手紙を書くのは、カフェのスタッフかもしれませんし、そうではないかもしれません。ときどき、手紙に何かが添えられてくるかもしれません。

オンライン会議に参加できる

Happy Spot Clubが運営するオンライン会議に参加できます。
普段のFacebookでは見られない高山さや佳の本音を聞けるかもしれません。
※オンラインサロンに参加するにはFacebookのアカウントが必要です。

イベントにオンラインで参加できる

ごちゃまぜカフェでは、不定期にイベントや講演会を開催しています。そういったイベントを会員のみなさんのためにライブ配信します。
※イベントにオンラインで参加するにはFacebookのアカウントが必要です。

会員証を持つことができる

会員証はごちゃまぜクラブメンバーの証です。思う存分見せびらかしましょう。なお、それで友達をなくしたとしても、なお、見せびらかしすぎて友達をなくしたとしても、ごちゃまぜクラブは責任を持ちません。

ごちゃまぜクラブ

会費

月額 3,000円(非課税)

特定商取引法に関する表示

事業者名特定非営利活動法人Happy Spot Club
代表者名代表理事 高山 さや佳
所在地長野県千曲市稲荷山783-5
連絡先026-273-5592
メールアドレスinfo@happyspotclub.org
ウェブサイトhttps://gochamaze.happyspotclub.org/
支払方法クレジットカードでお支払いいただきます。
商品の送付時期会員登録の翌月末までにごちゃまぜ通信を送ります。
返品・キャンセルキャンセルには応じかねます。
特別条件契約期間途中の解約となった場合も契約満了日までの料金が発生し、日割精算等による返金を含めた一切の返金は行われません。
この場合、会員資格も契約満了日まで提供されます。

利用規約

第1条 目的

ごちゃまぜクラブ(以下、「本会」といいます。)は、 特定非営利活動法人Happy Spot Club(以下、「当法人」といいます。) 及び当法人が運営するごちゃまぜカフェを応援する賛助会員によって構成され、当法人が推進する地域共生社会を応援することを目的にします。

第2条 会員規約

この会員規約(以下、「本規約」といいます。)は、当法人が運営する本会への入会申し込み及び本会の利用に関する一切の場合について適用され、会員は本会への入会を申し込んだ時点で、本規約の内容に同意し、本規約を当法人と会員との契約の内容とすることを合意するものとします。

2 本規約について変更、追加、修正、削除等(以下、「変更等」といいます。)の必要が生じた場合、当法人は、変更等を行う前の本規約の目的に反しない範囲において、合理的かつ相当な本規約の変更等を行うことがあります。

3 本規約の変更等に際して、当法人は会員に対し、相当期間前までに第4条に定める方法により変更等の内容および変更等の後の本規約の効力発生時期を通知することによって、周知するものとします。

4 当法人により適切に前項の通知がなされた場合、会員の知不知にかかわらず、変更等の後の本規約が適用されるものとします。

5 当法人から規約の変更等の通知があった場合、会員は当該通知のときから3ヶ月が経過するまでの間において当法人に対する不服を申し立てることができ、また特に変更等による不利益の程度が著しいと認められる会員はその事由を明らかにした上で入会中の本会全てについての中途退会を申し入れることができるものとします。当法人は会員からの不服申立てまたは中途退会の申入れに対し、誠実に対処するものとします。

第3条 定義

本規約において使用する用語の定義は、下記のとおりとします。

  1. 「会員」とは、本規約を承諾の上、当法人所定の方法にて本会への入会を申し込み、当法人が入会を認めた者で、第5条第1項に定める条件を全て満たす者をいいます。
  2. 「会員情報」とは、第6条第1項で定める入会登録手続の際及び第9条第5項に定める会員情報変更の際に会員が当法人に提供した情報をいいます。
  3. 「会員証」とは、当法人の定める形式で当法人が会員に対して発行及び送付する本会の会員資格を有することを証する会員証をいいます。

第4条 通知

当法人は会員に対し、ごちゃまぜカフェ公式サイト(以下、「当サイト」といいます。)への掲載、電子メールの送信など当法人が適切と認める方法により、本規約の案内など必要な情報を通知します。

2 前項で定める会員への通知が当サイトへの掲載をもって行われる場合は、当該通知が当サイトに表示されて会員において閲覧し得る状態となった時点をもって、また当該通知が電子メールの送信によって行われる場合は、当該時点において登録されている会員の電子メールアドレスあてに電子メールが送信された時点をもって、当該通知が完了したものとみなします。なお、その他当法人が適切と認める方法によって当該通知が行われる場合は、会員が当該時点までにあらかじめ届け出た連絡先にあてて当該通知が到達した時点をもって、当該通知が完了したものとみなします。

第5条 会員

会員は下記の条件を全て満たし、遵守することを保証するものとします。

  1. 会員登録にあたり必要とされる全ての項目を正しく登録しており、虚偽の記載や誤記がないこと。
  2. 法人その他の団体ではなく個人であること。
  3. 未成年者である場合は、本会への入会にあたり事前に親権者など法定代理人の同意を得ており、その利用については親権者など法定代理人の同意と責任の下で行われること。
  4. 日本国内に居住し、国内郵便で配達可能な所在地に住所を持つこと。
  5. 当法人が定める入会金及び会費を、指定の期日までに指定の方法で支払うこと。
  6. 本会において、過去に強制退会処分に付されたことがないこと。ただし、第三者に無断で名義を冒用された場合など、第11条第2項第3号の定めに従い、当該会員の責めに帰すべき事由なく該当する本会の強制退会処分が行われたのみに留まる場合は除く。
  7. 当法人が求めた場合は、直ちに本人確認証明書またはその写しを当法人に提示すること。
  8. 暴力団、暴力団関係企業及び団体その他の反社会的組織に所属していないこと、および暴力団員またはその他の反社会的勢力と密接な関係を有していないこと。
  9. 会員の権利について、譲渡、貸与、名義変更、担保供与、その他第三者の利用に供する行為をしないこと。

2 会員資格の有効期間は、当法人が入会を承認した日の翌月1日から末日までとします。

第6条 登録

入会希望者は、本規約の全てに同意した上で、当サイトで自分の登録情報を入力することにより、本会への入会申込を行うものとします。

2 当法人は、本規約に定める方法による本会への入会希望者の入会申込を受付け、必要な審査と手続等を経た後に入会を承認します。ただし、当該入会希望者につき第5条第1項の条件を満たすことが確認できない場合、またはその他当法人が当該会員の入会を不適切と認める事情が存在する場合には、当法人の判断により入会を認めない場合があります。

3 入会金及び会費の入金を当法人において確認し、かつ当該入会希望者の入会を承認した場合、当法人は当該入会希望者が登録した電子メールアドレスあてに、当該会員の会員番号を通知する電子メールを送信します。ただし、当該入会希望者による電子メールアドレスの誤登録や判読不可能な文字化け等、何らかの不具合が生じて電子メールを送信できない場合や、その他当該入会希望者の責めに帰すべき事由による電子メールの不達、誤配、遅達及び受信拒否等によりメールが届かなかった場合について当法人は責任を負いません。

4 会員証は、本条第3項に定める会員番号の通知とともに、当法人の定める形式で送付します。

第7条 会費

入会希望者は当法人所定の方法により、所定の支払期日までに定められた入会金及び会費を支払うものとします。

2 会員が、自己の会員資格の有効期間経過後も会員資格の更新を希望する場合は、所定の更新期間内に翌月分の会費を納入することにより、従前の有効期間の末日からさらに1ヶ月間、当該会員資格を更新することができます。本会が指定する上記支払期日が経過すると、当該会員資格の更新はできず、再度入会手続を行う必要があります。

第8条 会員の権利

会員は、本会が定める権利を受けることができます。本会が定める権利の内容に変更の必要が生じた場合、当法人は第4条の方法により事前に通知した上で変更を行うものとします。

第9条 会員の義務

会員は、本会から付与された会員証、会員番号およびパスワードを自己の責任で管理するものとし、会員の管理不十分、使用上の過誤、第三者による使用等により会員に損害が生じた場合、当法人は一切責任を負わないものとします。

2 会員は、当法人から付与された会員証、会員番号およびパスワードを、第三者に貸与、転売、譲渡、名義変更等してはならないものとします。

3 会員証を紛失した場合、会員は速やかに本会に通知した上で当法人が指定する方法による会員証再発行の手続を受けることができます。なお、会員は、会員証再発行にかかる再発行手数料および送料を当法人が指定する方法で支払うものとします。
4 登録済の会員情報に変更が生じた場合、会員は速やかに当法人が別途指定する所定の方法により変更手続を行うものとします。当該変更手続がなされなかったことにより、会員において、本会の通知を受領できない、本会会員特典を利用できない等の不利益を被った場合、当法人は一切の責任を負わないものとします。
5 会員は、自己の責任と費用において、通信機器やソフトウェア等の準備、電話利用契約、インターネット接続契約の締結等、オンラインの環境を準備するものとします。また、前述に関わる一切の通信料、接続料等は会員が負担するものとします。

第10条 禁止事項

当法人は、以下の各号に定める行為を禁止します。

  1. 本規約に反する行為
  2. 会員資格及び会員証の貸与、転売、譲渡、名義変更、架空名義の使用、他人の名義などを借用する行為
  3. 会員としての地位ないし会員資格を利用した営利活動およびこれに準ずる行為
  4. 本件情報を無断複製、改ざん、転載および再配布する行為
  5. 本会から得られた情報を、会員としての権利を行使する目的以外に利用する行為
  6. 会員のメールアドレス等を第三者に利用させ、また、譲渡、売買等する行為
  7. コンピュータウイルス等の有害なプログラムを、コンテンツを通じてまたはコンテンツに関連して使用し、もしくは提供する行為
  8. 他の会員を含む第三者に迷惑をかける行為や、当法人の円滑な活動を妨げる行為
  9. 当法人及び本会の他の会員の財産、名誉、信用、プライバシー等の権利を侵害する行為
  10. スタッフに対して危害を加え、または危害を加える旨を告知するなどして、困惑・畏怖させる行為
  11. 手段の如何を問わず、本会の運営や当法人の事業に支障をきたす行為
  12. 法令に違反する行為または違反するおそれのある行為
  13. その他、本会の会員としての品位を欠き、不適切と判断される行為

2 前項に該当する行為により当法人その他第三者が損害を被った場合は、当該会員はこれを賠償するものとします。

第11条 会員資格の喪失

会員が会員資格の有効期間中に退会を希望する場合、当該会員は当法人所定の退会申請を行い、当法人による退会手続の完了後、会員資格を喪失するものとします。また、会員が第7条第2項に定める会員資格更新の手続を行う場合を除き、当該会員は会員資格有効期間満了の日をもって自動的に退会となります。

2 会員が以下各号の事由のいずれかに該当する場合、当該会員は、何らの通知や催告を要することなく即時に会員の地位やそれに伴う一切の権利を自動的に失うものとします。また、本項により強制退会処分に付された会員は、損害賠償請求等の一切の権利行使ができません。

  1. 入会後に第5条第1項の条件を満たさなくなった場合、または入会時点以降において会員が第5条第1項の条件を満たしていなかった事実があることが判明した場合
  2. 会員が前条の禁止行為を行った場合や、その他本規約に違反する行為をした場合

3 会員が前2項により会員資格を喪失した場合において、支払済の入会金及び会費等の返還はできません。

第12条 損害賠償

会員は、本会の利用に関して、自己の責めに帰すべき事由により当法人またはその他の第三者に対して損害を与えた場合、これを賠償する責任を負います。

2 会員は、本会の利用に関し、他の会員またはその他の第三者からクレームや請求を受け、または紛争が生じた場合、自己の責任と費用負担でこれを解決するものとします。

第13条 免責

当法人は、本会が定める権利の内容、本会が提供する情報等に関し、その完全性、正確性、最新性、その他いかなる保証も行うものではありません。

2 当法人は、本会が定める権利及び各種情報の提供に関して発生した会員の直接または間接の損害につき、当該損害が当法人の責めに帰すべき事由により発生した場合を除き、いかなる責任も負わないものとします。また、本会に関連して生じた損害につき当法人が損害賠償責任を負う場合、当法人は、当法人に故意または重過失が存する場合を除き、当該会員が当該契約月において支払った会費の総額を限度額として賠償責任を負うものとします。

3 会員がパーソナルコンピュータ等のデジタル機器やインターネット環境を利用しないことによって、情報の取得や情報伝達の遅れなどの不都合が生じた場合につき、当法人はいかなる責任も負いません。

4 金融機関による手続上の不備や郵便事故等に関し、当法人は責を負いません。

第14条 個人情報の取り扱い

当法人は、当サイトにおいて公表するプライバシーポリシーに従って、会員の個人情報を取り扱うものとします。

第15条 機能の停止、中止、変更

当法人は、以下の各号に該当する場合、本会が定める権利の全部または一部の提供を停止、中止、変更等することがあります。

  1. 本会が定める権利を提供するために使用する設備について、障害が発生し、または保守点検もしくは改修等を行う場合
  2. 火災、停電、天災等の不可抗力により本会が定める権利を提供できない場合
  3. その他、本会が定める権利を提供することが困難であると判断した場合

2 前項の場合、当法人が適当と判断する方法で事前に会員に通知するものとします。ただし、緊急の場合はこの限りではありません。

第16条 紛争の解決、裁判管轄

本規約に定めのない事項または本規約に関して疑義が生じた場合、当法人と会員との間で双方誠意を持って話し合い、これを解決するものとします。

2 本会の会員と当法人との間で生じた紛争を訴訟によって解決する場合には、長野地方裁判所または長野簡易裁判所を第一審の管轄裁判所とします。

2020年3月18日施行
2020年3月20日改正